建築士定期講習会


 去る1月12日は一級建築士定期講習でした。建築士事務所に所属する一級建築士は3年に一度建築士法により定められた講習を受けなくてはなりません。元々父と受講年度が重なっていたため今回は同じ会場に申し込みをして前後に席を並べて受講してきました。

 朝9:00~16:00までのビデオによる講習の後その理解度を確かめるためにマークシート形式の修了考査が行われます。硬い椅子に座りっぱなしの6時間程の講習後に行われる修了考査は理解度を試すというよりも体力と精神力を試されている気もします。

   







住宅を取り巻く環境問題へ戻る
ブログ一覧へ戻る


2017年01月30日|日記:事務所