島上条の託児所

 企業が福利厚生の一環として整備する託児所です。敷地は北側と東側に接道する角地にあたりこの角地を起点として南側、西側には密度の高い住宅地が広がっています。北側の道路越しには芝生広場を中心とするおよそ2.3haの公園が広がり、沿道の街路樹も重なって開口部からは緑が多く望めます。東側道路は交通量も多く南側に緩やかに下っています。
 保育施設の指導基準に従い各室は収容人数に応じた必要面積を確保しています。

 太陽光発電設備が求められたため隣接する2階建ての住宅屋根に日射を妨げられない広い屋根面が必要とされました。そこでその大らかな屋根に包まれた空間の下、子どもたちがのびのびと走り回れる明るい園舎が構想されました。L字型の外廊下が室内外を繋ぎ、園庭を含む建物全体が大きな回遊性を有しているのが特徴です。

 園庭は一年を通して最も日照条件が良く、隣家と視線の交錯のない敷地南東側に配置しました。多目的な一次預かりスペースを東側へ大きく開放することで大屋根の下全体で明るさが感じられるよう計画しています。施設内部は子供たちにとって安全で肌触りの良い自然素材を中心に使用しました。
 保育・防犯の面から各室間では見通し良く過ごせるように間仕切りを工夫し、全ての建具は園児の手の届かない位置で施錠が可能です。状況に応じて必要な範囲で子供の行動を制限することができます。



作品集へ戻る

 

 企業が福利厚生の一環として整備する託児所です。敷地は北側と東側に接道する角地にあたりこの角地を起点として南側、西側には密度の高い住宅地が広がっています。北側の道路越しには芝生広場を中心とするおよそ2.3haの公園が広がり、沿道の街路樹も重なって開口部からは緑が多く望めます。東側道路は交通量も多く南側に緩やかに下っています。

 認可外保育施設の指導基準に従い各室は収容人数に応じた必要面積を確保しています。
 太陽光発電設備が求められたため隣接する2階建ての住宅屋根に日射を妨げられない広い屋根面が必要とされました。そこでその大らかな屋根に包まれた空間の下、子どもたちがのびのびと走り回れる明るい園舎が構想されました。L字型の外廊下が室内外を繋ぎ、園庭を含む建物全体が大きな回遊性を有しているのが特徴です。

 園庭は一年を通して最も日照条件が良く、隣家と視線の交錯のない敷地南東側に配置しました。多目的な一次預かりスペースを東側へ大きく開放することで大屋根の下全体で明るさが感じられるよう計画しています。施設内部は子供たちにとって安全で肌触りの良い自然素材を中心に使用しました。
 また保育・防犯の面から各室間では見通し良く過ごせるように間仕切りを工夫し、全ての建具は園児の手の届かない位置で施錠が可能です。状況に応じて必要な範囲で子供の行動を制限することができます。

 

 

             作品集へ戻る

建築概要
用  途:保育所
建築面積:231.03㎡
延床面積:198.32㎡
構造規模:木造平屋建て