長松寺の家に遊びに行かせていただきました


 竣工後の長松寺の家に遊びに行かせていただきました。竣工時にゆっくり写真が撮れなかったので改めて住まわれている様子を撮らせていただきました。
久しぶりに訪れてみると外構の塀ができていました。計画はしていたのですが工事が引越し後に行われたため完成した姿を見たのは初めてでした。東側は隣家の塀を隠す高さとし、南面、西面は低く抑えたことで圧迫感を感じることなく囲われた庭の雰囲気を引き締めています。
 写真家の方に撮影はお任せしていたので専ら奥様とお話していましたが快適に住んでいただけているとお話いただきました。旦那さんも家にいる時間が長くなったなどとお話いただけました。

 

リビング吹き抜け上部のハイサイドライトから光が差し込みます。


 家具などが置かれると生活のスタイルが伝わってきます。元々モノの少ない生活をされていて、部分的な設えも上手なので遊びに来た方々に旅館みたいだと言われるそうです。むやみにものを増やさず気に入った良いものだけを身近に置き、長く大切に使い続けていくスタイルは自分も見習いたいと思いました。


階段の吹き抜けから光が差し込み土間の奥を明るく照らします。





作品集:長松寺の家
設計者にとっての家づくりへ戻る

ブログ一覧へ戻る


2017年01月22日|日記:現場