人生フルーツ


 先日友人に誘われて「人生フルーツ」という映画を観ました。建築家、都市計画家である津端修一氏の晩年の生活をドキュメンタリーとして記録した映画でした。
 津端氏はこの映画を通して知った建築家でしたが調べてみると身近に感じられる部分が多い方でした。荒木さんがかつて努めていたレーモンド事務所に勤め、その後父が勤めていた住宅公団に勤めたとのです。更に僕自身が幼少期を過ごした多摩平の団地や、取り壊し前に見て歩いた阿佐ヶ谷住宅などのマスタープランの設計者であるということでした。
 高度成長期の合理的な開発が進められた時代にあって早くから共生をテーマとした団地計画を構想した建築家であり、その中でも高蔵寺ニュータウンでは「風の通り道となる雑木林を残す」や「山の形状を記憶として残す」というあり方を提案するも実現には至らなかったことなどが紹介されていました。

 映画は若き日の姿を少しずつ紹介しながら最晩年の妻と過ごした半自給自足の暮らしぶりを切り取ったものです。庭が雑木林でそこで育てた野菜や果物を収穫して食べる(キッチンガーデン)、ニュータウン開発で禿山となったところにどんぐりを撒き森を育てる、落ち葉を拾い腐葉土として撒き土を育てて次の世代に残す、プラスチックが駄目だといって子供のおもちゃを木で作る、などのシーンが印象的でした。
 人間が本質的に求める豊かさを見定め、自ら実践して積み重ねた人生。若い頃の仕事のスタイルから亡くなる間際の生活スタイルまでが一貫してつながっているようでした。時間がかかっても価値あるものをコツコツと自分の手で作り、育て、残すのだという強い意思が伝わってきました。

 阿佐ヶ谷住宅は都心に有りながら豊富な緑地に低層住棟群という贅沢な構成が特徴です。wikipediaによれば「個人のものでもない、かといってパブリックな場所でもない、得体の知れない緑地のようなもの(=コモン)を、市民たちがどのようなかたちで団地の中に共有することになるのか」という津端氏の記したテーマを基に計画されたとのことです。
 共生やコモンという言葉は学生の頃集合住宅の演習の中で内井昭蔵先生がよく口にしておられました。内井先生はFLライトの研究者でもありました。レーモンドはライトの弟子として日本に来た建築家。荒木事務所ではレーモンドの建築を見に行ったり勉強会をしました。またキッチンガーデンからは卒業設計の際に取り組んだエディブルランドスケープ(食べられる景観)を思い出しました。自然環境との共生、作ったものをその場で食べる、場所の記憶、世代を超えて受け継ぐ等々。
 かなり大雑把に展開しましたがこの映画は今の自分を形成している骨格の部分とつながった感覚があります。なにかワクワクするものがあります。

公式HP www.life-is-fruity.com



ブログ一覧 へ戻る

2018年09月11日|日記:現場